バルーンお取扱いのご注意

バルーンは大変ナイーブな商品です。お取り扱いを間違えると風船の寿命が短くなってしまう場合がございます。

ご購入前に目を通していただき、お届け後に少しでもバルーンを楽しんで頂ける期間が長くなれば幸いです。

※バルーンは生き物です。非常にデリケートな商品ですので、発送方法・運送環境・地域・気候変化により稀に破損等の不具合が発生致します。その場合は「キャンセル・返品につきまして」ページ詳細に基づき、破損したバルーンのみの交換(再発送)をいたしますので、誠に申し訳御座いませんがお客様には差し替えをお願い致します。

●浮かぶバルーンの取扱い

浮かぶバルーン

浮かぶバルーンには大きく分けて2つのご注意すべき性質が御座いますので、以下に説明致します。

ヘリウムガスを充てんする事により、ぷかぷかと浮かぶ、とても可愛く人気が高いバルーンですが、取り扱いを間違えると割れてしまったり、萎んでしまう可能が高くなります。

1.気温・温度変化にお気を付け下さいませ。

一番気をつけていただきたいポイントは気温や室温の管理です。
ヘリウムを使用しているバルーンは、気温や温度が低い場合萎む性質があり、気温や温度が高い場合ヘリウムが膨張する性質があります。

例えば、気温が低いお部屋に置いていた場合、バルーンが少し萎んでしまっていると思います。適温のお部屋に移動させる事で、元通りの膨らみに戻すことができます。

夏場や冬場は、特にこの点にご注意ください。
外気温と室内温度の差が大きい季節は、バルーンに負担を掛けてしまう可能性が非常に高くなります。

2.ヘリウムを使用しているバルーンは標高差にご注意願います。

ヘリウムを使用しているバルーンは標高差にも非常に左右されます。
標高の高い場所だと膨張する性質があり、逆に標高の低い場所だと萎む性質があります。

例えば、平地で膨らませたバルーンを標高の高い山などに持って行くと、ヘリウムが膨張し破裂してしまいます。
また、飛行機での持ち運びも出来ませんのでご理解くださいませ。

当店ではご注文を頂いた際に、お届け地域の標高が高い場合、ヘリウムを少なめに膨らませた状態でご手配をさせて頂いております。

3.アルミ風船は電気を通す素材でできておりますので外部の持ち出しは特にご注意願います。

アルミ風船は、電気を通す素材でできております。
ですのでアルミ風船を屋外で飛ばす行為は絶対に行わないでください。

地下鉄や電車などに持ち込む際は、必ず袋などに入れ飛ばないようにお気をつけください。飛ばした風船が高圧電線に絡まった場合、ショートする場合があります。

※実際にバルーンが駅の電線に絡まり、電車がストップしたというニュースが過去にいくつもあります。

4.ヘリウムガスを直接吸い込んだりする行為は行わないでください。

バルーンに使用するヘリウムガスは、不活性ガスなので決して危険なガスではありません。爆発したり引火したりするような事は一切ありません。ですが、ヘリウムガスを直接吸い込んだりする行為は行わないでください。ヘリウムガスの濃度が濃い場合は、窒息を起こす危険性があります。

5.引っ張ったり振り回したりすると、破裂の原因になります!

お子様などが引っ張ったり振り回したりすると、破裂の原因になりますのでお気をつけください。

●花束・置き型タイプの取扱い

花束タイプ

1.気温にお気を付け下さい。

直射日光のあたる高温の場所や、温度変化の大きいところ、冷所や強風の場所が苦手ですので、そのような場所を避けてお飾りください。

2.引っ張ったり振り回したりすると、破裂の原因になります!

お子様などが引っ張ったり振り回したりすると、破裂の原因になりますのでお気をつけください。

以上になります。
長文をお読みいただき、ありがとうございました。